異常な部活動に喝!

どこの学校にも部活動はありますが、その指導者となるのは学校教師。

ただでさえ忙しい教師たちにさらに大きな負担を強いています。

先生たちには学科指導に専念してもらった方がいい。

スポーツや音楽など専門的な指導はその道のプロに任せるべきでしょう。

以前息子の中学校の吹奏楽部で顧問をやっていた教諭は、その指導力には定評があり、子供たちからも信頼されていました。
今地域の小学生、中学生を集めて指導を行っています。地域のコンサートに彼らが出場しました。

あまり合同での練習の時間がなくて自信がない、という彼らでしたが、その演奏は普通の中学吹奏楽部の演奏を完全に上回っていました。

指導者によってこれほどまでに違うのか!!

とまさに驚愕の出来ごとでした。

私が望むのはこのようなサークル活動です。
学校の垣根を超え、さらには小学校、中学校の垣根を超え、吹奏楽が好きで真剣に学びたいと望む子供たちが一緒に活動できる場が欲しいのです。

上下関係もなく、学校という閉鎖された環境ではない場で、優れた指導者から適切な指導を受けるということは、学校の部活よりはるかに有意義であると思います。

全国的にこのような場が増え、彼らが大会にも出場できるようになれば、学校の部活も変わるでしょう。そう期待せずにはいられません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。