異常な部活動に喝!

2月, 2011 のアーカイブ

本当に部活が廃止になっちゃうかも

中学校の部活はあまりに問題が多く、廃止すべきだというのが私の考え。

息子の中学の吹部は問題続きで、その原因のほとんどは顧問教師にあるため子供たちがかわいそうで気になっていました。

今日、息子から聞かされたハナシ。

吹部は無期限で清掃だけやることになったってさ。なんでも 言葉づかい 礼儀 服装 が完全に良くなるまでは清掃させられるんだって!」

「へぇー、吹奏楽部じゃなくて清掃学部になったんだ!」

って笑いましたが、続けて

「もう全員で退部したら? 一番困るのは顧問だよ。」

「なんで?」
って訊くので

「そりゃ、顧問が自分の部を潰してしまったらそれこそ大騒ぎ。親たちも騒ぎだして『こんな教師辞めさせろ!』ってはなしになっちゃうよ」と話しました。

それにしてもヘン!!

文科省ですら部活の意義については
「学年の違いを超えて、好きなものに力を合わせて取り組む」
ことを主眼としています。
決して上下関係における礼儀を重んじているわけではありません
そもそも「正しい礼儀、言葉づかい、服装」を誰が評価するというのでしょう?

こういうおバカ教師が学校をダメにしているのです。
部活指導を教師に丸投げしている校長にも問題があります。

もう多くの部員がやる気をなくしているようです。
男子部員は現在4人。息子は引退しているので除きます。
このうち一人がやめたら多分全員がやめるだろうとのこと。

それに合わせて何人かの女子もやめることになれば、完全に崩壊状態になります。
その方がいいのかも・・・。
こどもたちも学校の部活という頸木を離れ、皆が楽しく音楽を楽しめる環境を求めるなら親たちも協力しあうでしょう。

あー、2年前までは全国レベルだったのに、先日のアンサンブル・コンテストでも成績は散々。
今年の夏の大会では県大会出場も危ういでしょう。
そこまでひどくなってしまったのは、一人2年前に顧問に就任したその顧問のせいなのです。

なぜ中学生ばかりが部活において辛い目にあわされなければならないのでしょうか?
たまたまいい先生に出会えばラッキーですが、その先生も早ければ3年程度で他校に行ってしまいます。顧問が替わるたびに子供たちは振り回されるのです。

こんな部活いらないと思いませんか?

子供たちにとっても百害あって、せいぜい一利くらいしかありません。

ダメ教師を追い出せばいいというハナシでもありません。
父兄の中からは「あの教師をやめさせろ!」という声も校長の元にあったそうですが、校長曰く
「だって、他にできる先生いなんだもの」
―――それは本当でしょう。それが学校現場の現実です。

部活の崩壊とともに、部員たちの成績も急降下しているというハナシもあり、これは無視できない問題です。

広告

タグクラウド