異常な部活動に喝!

中学校の部活に対しては、個人的に否定的です。とにかく子供たちをダメにしてしまうケースがあまりに多いからです。それをずっと見てきました。

その原因は教師にあるわけですが、もちろん中には指導力に優れ教育的配慮を忘れない立派な先生もいます。

でも私の知る限りにおいて、そんな先生はまれです。そんな先生は滅多にいるものじゃない。だから空しい期待はしないことが肝要だとだと思います。

さて、高校の場合は生徒たちももう子供ではないし、顧問教師も一部の学校を除けば部活ばかりに熱心ではいられません。部活に出てこない先生も多いでしょう。それは教師が指導を放棄しているのではなく、生徒たち自身で運営させることを考えているからだと思います。

もし生徒が教師のやり方に不満があれば、いつでも辞めることはできます。そこが中学と高校の大きな差ではないでしょうか。

息子は中学校では部活があまり楽しくなかったようです。とにかく皆イライラしていて笑いもない、そして無口でお互いに話し合うこともなく練習していたそうです。

そんな雰囲気にしてしまった原因は前にも書いたように教師の態度にありました。

高校に入って「もう吹奏楽はやらないよ」と言っていた息子。でも強く勧誘されて班活動を見に行ったところ、すっかりその班を気に入ってしまったようです。
そして毎日休むことなく班活をやっています。楽しくてしかたないといった感じです。

先日、「学年通信」を見てとても興味深いことに気がつきました。

それは 山岳班。
実は私も高校のときは山岳班に所属していたのですが、当時は一人も女の子はいませんでした。
ところが今年の一年生をみると、山岳班に入った子は6人。そのうちなんと5人が女子なのです。
「山ガール」なんていうのがはやりだそうで、山登りをする女性が増えている社会情勢を反映しているのでしょうか。

それから 空手班。
これも5人が入部(班)していますが、内4人が女子です。
勇ましい!

柔道も5人のうち3人が女子。

もちろん吹奏楽班、軽音楽班は どこの学校でも圧倒的に女子が多いですが、天文班でも10人中7人が女子です。この高校は天体観測ドームを持っていて、かなり高級な望遠鏡を保有しています。昔は宇宙に対するあこがれは主に男子のものでしたが、ここでも女性の進出が目覚ましいです。

「草食系男子」って・・・やっぱりそうなのかな・・・。

う〜ん、複雑な気持ちです。。。

ちなみに高校の男女比および班加入者の男女比はほとんど1:1です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。