異常な部活動に喝!

今日も猛暑。

今年初めてプールに行って泳ぎました。以前なら息子と一緒に出かけたものです。でも息子は吹奏楽の練習のため今日も学校。。。ま、もう高校生なので私も少しずつ 「子離れ」 しないといけないのでしょうけどなんとなく寂しさはあります。

泳いでいてふと思いました。
息子は小学校の頃、クロールができました。ところが中学校でいつの間にかクロールで泳げなくなり、平泳ぎばかりになってしまったのです。学校の体育の授業だけではなくて、親と一緒にプールに来るようなことが時々あったなら、水泳だってちゃんとできたはず。
中学校の吹奏楽の部活で彼はひとつ能力を削られてしまったのです。

足も速かった。
中三で100m 12秒台で走っていたのです。指導者について少し練習すれば、陸上競技大会への出場だって可能だったかもしれないのです。でも吹部の練習ばかりやらされていたため、その能力も捨てるはめになりました。

中学生くらいの時にこどもは大きく伸びます。
その時期に多くのことを学ばせないで、一つのことばかりに集中させることは子供たちにとって有害無益!

ひとつのことに集中することで、子供は伸びるのだと思い込んでいる大人たちがとても多いことにショックを受けます。子供の可能性を狭め、能力の芽を摘み取っているかもしれないことに気づいて欲しいと思います。

部活でやっていること以外の分野で、とんでもなく素晴らしい才能を発揮できるかもしれないのに、大人たちが非常に近視眼的になりかつ視野が狭くなることによって 子供の能力をスポイルしてしまう危険性はとても大きいのです。

息子は明日も吹奏楽の練習。
ちょっと異常じゃないかな、いくら高校生といっても。
でももうこの件に関してはこどもに判断を任せています。親としては部活のために成績が落ちることには決して肝要ではないことは伝えてあります。
仮に成績が平均以下に落ちたら、事実上部活は続けられません。なぜなら部費を親が払わないからです。

吹奏楽のために今の高校へ入れたのではありません。
親もけじめをつけないといけませんよね。

とにかく中学生は部活をやりすぎてはいけません。幅広い教養と知性を養うためには、少なくとも週末くらいは家族との関係を大事にし、様々な学習を行うべきです。学校や自宅を離れての学習の場なんて、いくらでもあるのですから。

広告

コメント先: "部活のやり過ぎは子供たちの可能性を狭める" (3)

  1. anaguma の発言:

    初めて読ませて頂きました。共感できることが多く、とても参考になりました。実は、我が家の子供が来年中学になり部活の問題があり悩んでいます。田舎なので部活の種類があまりなくどの部もハードで大変、時間を拘束されることが分かっているからです。このブログで色々と参考できることがありました。ぜひ、これからもご意見を載せてほしいです。

  2. komari の発言:

    共感できることが多々ありました。うちも田舎でスポーツスポーツっぽくって部活で夜練まであり、子供が身体を壊さないか いつも心配です。同じ考えの親もほとんどおりません。anagumaさんと同じく参考にさせていただきたいと思います。

  3. 宮寺良平 の発言:

    高校で教員をしていますが、部活の練習のやり過ぎは大きな問題だと考えています。私が顧問をしているクラブは個人競技で、全国大会を目指すのは一部の生徒だけですから、試合がないときは、日曜日は休みですし、土曜は半日の練習です。しかし全国大会を目指しているクラブは、1月から5月までで、休日は2日しかなかったという場合もあり、土曜も日曜も一日中やるのが普通です。そして、月曜日には疲れ切っている生徒が一杯います。高校生がここまで疲れ切ってスポーツをやっている国は世界でも珍しいでしょう。もちろんスポーツで人間関係を学ぶ貴重な機会を得ていることは事実ですが、スポーツ以外にもいろんな資質があるはずなのに、それらを伸ばす機会を失っているように思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。