異常な部活動に喝!

息子を伴って、

中学校の吹奏楽コンクール県大会

を聴きに行っていました。

なんだか年々レベルが上がっているように感じます。
とても難しい曲に挑戦し、見事に演奏している様は驚きといっていいでしょう。

今回なんと言っても驚いたことといったら、

それまで無名の中学がいきなり「金賞」を取った

ということでしょう。

去年まで
「常に金賞受賞校」を率いてきた先生が転任した先の学校でした。

その学校の演奏 は、正直驚愕の”事件”でした。
演奏後にはホール内がざわつくほどの出来事でした。

だって、無名の学校を就任わずか半年で県内トップレベルの演奏を聴かせるまでに成長させたのですから!!
いかに指導者の力がものを言うか、ということを まざまざと見せつけられました。

さて、吹奏楽では立派な成績をおさめた子どもたち。
でも勉強の方はどうなのでしょうか?
中学校で必要な学力は絶対に身につけておくべきです。
学力崩壊が叫ばれて久しいのですが、その対策は「ゆとり教育の見直し」程度のものでしかなく、あまり効果が上がっていません。
ハッキリ言って、テストの点はあまり気にしなくいい。どうでもいいわけではありませんが、もう崩壊寸前の子供にあまり点数のことを言ってもしかたありません。それより、「人として必要な教養と知性」を持つことを望みたいと思います。
ところが今そのところが一番崩壊してきてしまっているように感じられてなりません。また、学力のある生徒ほど、「人としての教養、知性」を身につけているということもあるので、やはり学力は無視できないという事情はあります。

気になる事実があります。

とある県内有数の進学校のすぐそばにある中学校のことです。
その中学校も吹奏楽部が強く、今回の県大会でも「金賞」を受賞しています。
ところがその中学校から、すぐそばの高校への進学者がとても少ないのです。
その高校の吹奏楽班にはとなりの中学校からの生徒がいても良さそうなのですが、ほとんどいません。

このようなことは吹奏楽だけにとどまらず、野球、サッカーなどでも言えることです。

私の中学校の同窓生で、中学、高校と野球を続けて甲子園に二年連続出場した男がいます。
彼は毎日野球をやりながらも、一度として学年の成績が二番と下がらなかったということです。
そして名門大学へ一発で合格しました。今や弁護士です。

そのようなひともいますが、それは本当にまれです。
中学生はあくまで学校の勉強が主体であって、部活主体の生活などあってはならないと考えます。どうしてもやりたいことがあれば、中学で必要な学力を身につけてから、やりたいことのできる高校へ進めばいい。

上記の野球部の男はそうしたのです。

そして強い肉体、優れた頭脳、そしてタフな精神力をもって、社会のために大きな仕事をすることができています。

中学校で、大会に優勝した経験は素晴らしいものでしょう。
でも人生はまだ始まったばかり。その先が本当に大事なのですよ。
そこで燃え尽きてしまい、あとは抜け殻のようになってしまっては全く意味がありません。

あくまで長い人生の中の学習のひとつとして部活動を行ってもらいたいものだと願わずにはいられません。

ある中学生の言葉です。

「そりゃ、あそこまでやれば金賞取れるでしょう。でもそのために高校進路まで犠牲にするなんてできっこないよ!」

—-それがまともは感覚なのでは?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

タグクラウド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。